ムダ毛処理方法 Iラインのケア

MENU

Iラインのケア方法

暖かい日が少しずつ増え、腕や足の露出が増える季節が近づいてきました。おしゃれに春服や夏服を着こなしたい季節は、女性が脱毛に気をかける季節でもあります。露出部分に比例して脱毛部分も増えていき、おしゃれを楽しみたい女性の悩みも増えていく季節です。

 

脱毛には、自分でカミソリなどを使って処理する方法と、エステサロンなどの専門店で処理を依頼する方法があります。専門店では、全身脱毛をすることもできますし、腕や足などの処理は自分で行い、背中などの自分での脱毛処理が難しい箇所だけを部分的に依頼することもできます。自分で脱毛処理をするのが難しかったり、危険だったりする箇所は、専門店で任せることが望ましいでしょう。

 

とくに、自力で処理するのが危険で難しく、夏に水着を着たいと思った時に気になる箇所がIラインです。Iラインとは、脚の付け根から性器の周辺にかけてのことを指し、自力での処理は大変な作業になります。普通、自分で脱毛したい時は、カミソリや電気シェーバー、脱毛クリームやテープなどの道具を使用します。しかし、Iラインはデリケートゾーンなので、そのような道具で足や腕などと同様の扱いで処理するのは大変危険です。カミソリなどで傷をつけてしまえば、細菌が入って炎症を起こしてしまうおそれもあります。また、脱毛クリームなどの薬品は、粘膜の近い部分にはとても危険なので、デリケートゾーンであるIラインの処理にはふさわしくありません。

 

しかし、最近では、家庭用脱毛器の性能が上がったことにより、このデリケート部分にも対応できる製品が増えてきました。中でも、「フラッシュ脱毛器」と呼ばれる家庭用脱毛器は、刃の代わりに特殊な光によって脱毛をするので、普通の脱毛器よりも安全性に優れています。

 

この「フラッシュ脱毛器」の中でも、代表的なのは『ケノン』という製品です。このケノンには、安全なだけでなく、効率的に素早く脱毛することが可能となるトリプルショットという機能がついています。さらに、従来のフラッシュ脱毛器の出力は5段階が通常でしたが、ケノンは10段階の出力を備えています。これにより、敏感なIラインには最低限の出力で、繊細な脱毛作業が行えます。ただし、だからといってケノン自体がIラインの脱毛を推奨しているわけではありません。Iラインの脱毛を家庭で行うのは、一番安全だと思われるケノンを使用するにしろ、すべて自己責任になることに変わりありません。家庭でIライン処理を行う場合は、最大限の注意を払うことを忘れないでください。