ムダ毛処理方法 上手な使い方

MENU

家庭用脱毛器の賢い使い方

家庭用脱毛器は、自宅で空いた時間を使って脱毛することができ、エステにいく手間がかからないばかりか、コストも大幅に安くなります。もちろん自分で脱毛を行うということは、前後のケアや施術方法は自己責任ということになりますので、しっかり説明書を読んで、正しい使い方をする、ということが必要不可欠になります。逆にいえば、ケアを怠らずに脱毛器を使用すれば、エステ並みの仕上がりを低コストで得られる、ということになりますから、そこは妥協せずに行いたいところです。

 

さて、家庭用脱毛器といっても種類はさまざまです。痛みや肌のダメージを減らすためには、脱毛器の種類にあわせたプレケアが重要になります。そして、どんな家庭用脱毛器を使う場合でも、すでに肌に湿疹などの炎症があったり、日焼けをしていたりするときには、使用は避けなければなりません。事前に肌をチェックして、異常がある場合には、肌の調子が落ち着いてから使用するようにしましょう。

 

毛を抜くタイプの脱毛器を使用するときには、脱毛を行う前に、肌に蒸しタオルあてるなどして、毛穴をやわらかくしておくと、痛みやダメージが軽減できます。専用のローションやムースがある場合にはそれを利用するのもいいでしょう。フラッシュ脱毛は施術中に肌の温度が上がってしまうので、事前にしっかり脱毛部位を冷却しておく必要があります。また、フラッシュ脱毛は黒い色素に光源が反応するので、ホクロや傷跡などはあらかじめマスキングテープなどで保護しておきます。

 

脱毛後は、フラッシュ脱毛の場合はやはり冷却をします。他の脱毛方法の場合でも、肌にほてりや刺激を感じるようなときは、まず冷やしてあげると効果的です。そして、どんな脱毛を行ったあとでも、肌は水分不足になっているので、保湿を忘れずに行いましょう。肌の黒ずみや鳥肌状のブツブツといった脱毛後にあらわれがちなトラブルのほとんどが、脱毛後の肌の水分不足によるものです。肌に水分をきちんと与えないと、ムダ毛を脱毛したあとの毛穴が正しく機能しなくなってしまいます。

 

肌に水分を与えるアイテムは、顔用の保湿化粧水でいいかと思いますが、アルコールなどの入っていない低刺激のものを選ぶようにします。くすみや黒ずみが気になるときにはビタミンC誘導体配合の化粧水や、イソフラボンの入った豆乳入りのローション等もおすすめです。いきなり油分を与えずに、水分を与えてから油分を補ったほうがいいのは、顔のスキンケアをするときと同じです。