ムダ毛処理方法 ヒゲの脱毛

MENU

ヒゲ脱毛時代到来

ファッションの一部としてヒゲの認知度はずいぶん高まってきましたが、やはり一般的なオフィシャルな場で無精ひげはご法度といえます。取引相手や同僚に対して敬意を払っていることを身だしなみで表すのは社会人として当然の常識ですね。

 

しかし男性のヒゲというものは個人差があるとはいえ、なかなかやっかいなものです。二枚歯・深剃り・3Dなど様々なシェーバーが次々に開発されることイコールきれいにヒゲを剃るのは大変だということの表れでしょう。

 

女性のムダ毛処理のように永久脱毛してしまえば楽かもしれない……と思うくらい、ヒゲで悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。
永久脱毛とまではいかなくとも、この際、脱毛という角度からヒゲの手入れを考えてみてはいかがでしょう。
毛根からヒゲを抜いてしまいますので、きれいに処理できれば毎日のヒゲ剃りから開放されることになります。

 

脱毛器のCMはよく放映されていますが、きっと女性専用のものとして男性の皆様は真剣にご覧になっていないことでしょう。確かに家庭用脱毛器のほとんどは男性のヒゲへの対応は困難なのですが、光脱毛の『ケノン』は家庭用脱毛器であり尚且つ男性のヒゲも処理できるという幅広い用途を持つ商品です。ケノンは光の照射レベルを10段階で調整することができます。ムダ毛が手強いほど数値が上がっていくわけですが、男性のヒゲはレベル10が目安となります。最大レベルでの脱毛となると痛みもそれなりに伴いますので、脱毛に慣れていない男性がはじめからレベル10で利用開始するのは辛いはずです。このあたりがムダ毛のケアに慣れている女性との違いですね。なれるまでは低いレベルの照射にしてみましょう。

 

シェーバーに替刃が必要なように、ケノンの光照射はカートリッジの交換が必要になります。ヒゲの手入れだけでしたら利用頻度が低く、カートリッジの消耗も少なく済みますので、コストとしては十分ペイできるといえるでしょう。