ムダ毛処理方法 カミソリでの脱毛

MENU

カミソリでの脱毛って危険?

ムダ毛の自己処理で、もっともポピュラーなのは「カミソリで剃る」という方法だと思います。カミソリは使い捨てにしたとしても1本数百円とコストがかからず、気づいたときにすぐ剃ることができ、ワキ、顔、手足、Vゾーンと身体の部位を選ばない、といったことがメリットです。けれどもこのカミソリでのムダ毛処理、手軽な一方で肌にとっては危険な面もたくさんあるのです。

 

カミソリは基本的には、肌に刃をあてずに毛だけを剃るようにするものですが、それでは毛が残ってしまうと、つい深剃りをしてしまいがちです。深剃りをすれば当然肌が傷つき、カミソリ負けを起こしてしまいます。それでも、炎症がそのまま無事に治ればまだいいのですが、カミソリ負けを何度も繰り返していると、傷ついた肌を守ろうとしてメラニンが盛んに生成され、その部分が黒ずんでしまいます。1度黒ずんでしまうと、美白で元に戻すのはなかなか大変なことですし、カミソリを使い続けるなら永久に追いかけっこになってしまいます。

 

炎症は、剃った毛の毛穴にも起こることがあります。これを毛のう炎といいますが、毛を剃ったあとに毛穴の角質がはがされてしまったところなどに雑菌がつき、炎症を起こしてしまった状態です。カミソリについている雑菌や、お風呂の雑菌が影響することもあるので、清潔には十分に気を配る必要があります。

 

また、傷ついた毛穴を保護しようと上にかさぶたができ、皮膚がかぶさってしまうことで「埋没毛」という現象が起きてしまうこともあります。埋没毛もなかなか改善が厄介で、表面をピーリングして毛を取り出したり、生えてきたところを抜く、といった処理をするしかありません。見た目にも黒いポツポツが目立って汚くなります。

 

カミソリで剃るということは、肌を剃ってしまう可能性がある、ということに冒頭で触れましたが、炎症になるほどのダメージはなくても、肌の表面は削ってしまっていることが多いです。それでもきちんとお手入れをしておけばダメージは少なくてすみますが、アフターケアをきちんとしないと、肌のバリアが失われたまま放置することになり、肌の水分がどんどん蒸発してしまい、肌荒れを起こしてしまいます。

 

以上のように、カミソリでのムダ毛処理にはさまざまなリスクがついてまわります。このようなトラブルを避けたいのであれば、家庭用脱毛器などより肌にダメージの少ない方法を選ぶほうが無難といえるでしょう。